« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月26日 (金曜日)

大工の知恵

ある年配の棟梁に伺った話しです。その昔、家を建てる時は近くの山で木を探し、必要なだけ木を切り出して使いました。木目の綺麗な桧は柱に、粘りがある松の木は曲がりをみて梁に使いました。南に生えていた木は家の南側、北に生えていた木は北側に、育った方位も考慮して配置したそうです。木には1本1本癖があり、切られて製材された後も日の光を目指して上に伸びようとする意志が続くのだそうです。
昔の大工さんには、一本一本の木の種類や癖を読みながら適材適所に使う「知恵」があったのです。
しかし現代では、海外を含め遠くから木材はやって来ていてその育った環境をうかがい知ることは出来ません。製材や加工も大工さんとは別の人が機械ですることが多くなっています。このままでは親方から弟子に受け継がれて来た大工さんの「知恵」が継承されずに無くなってしまうのではないかと気がかりです。

Kakeya

Idutuya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火曜日)

鈴虫やせみ

まだまだ、残暑は厳しいですが、確実に秋に向かっていることを自然から実感しています。

うちの鈴虫たちは大合唱を始め、庭の木にはもうクマゼミの姿は無く、つくつくぼうしの声が聞こえるようになりました。

畑のきゅうりは枯れ、ナスは秋茄子の為に枝の切り戻しをしました。

早く涼しくならないかなあ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

消火栓のふた

syoukaoosaka syoukakurasiki

消火栓の蓋も地域によって違うことを発見しました。

消防車のデザインは、共通なのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金曜日)

土地と地盤

家を建てる土地を探す時は交通や買い物の利便性、周りの環境、価格などいろいろ検討しますが、もう一つ気にして頂きたいことがあります。それは地盤のことです。地盤が軟弱だと地震時に基礎が壊れたり、家が傾いたりして大変です。また、その地域で過去に液状化現象が発生してないか、高潮や洪水にあっていないかなど十分に調査してから購入されることをお勧めします。
宅地の地盤調査はサウンディング試験と呼ばれる方法で行うことが多く費用は6万円前後で可能です。その結果、軟弱な地層が比較的浅い所で見つかれば地盤改良工事が必要となることもあります。建築士などの専門家にご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »