« 香西の解体 | トップページ | 中間検査 »

2006年3月22日 (水曜日)

福祉住環境の会

docu03163月19日高知へ研修旅行に行ってきました。
見学した施設は2ヶ所です。「総合福祉施設ヘリオスと中追の里グループホーム」
ヘリオスは痴呆の方から、要支援の方までを預かる鉄筋12階建ての大きい施設です。すべての部屋が個室になっていて、施設内に温水プーや、露天風呂もあり入居者は、自由に利用できます。
1ユニット9人のブースには、キッチンがあり料理も作れます。職員が常時2名配置されていて、食事も生活も共にしているので、非常に家庭的で皆さんゆったりと時間を過ごされていました。施設内に喫茶店やおすし屋さんがあったり、家族用に宿泊施設もあります。
施設は浦戸湾に面して海に近く、各室からの眺めはリゾートホテルも真っ青という素晴らしさでした。
入居費用は、食事別で月に12万円ほど掛かるようです。(私は年金が少ないだろうからここには入れないなあ・・・・・。)

ここの施設長さんは、京都の大病院で総婦長をされていた方です。この人がいるから、この施設は器だけにならず、素晴らしい運営が出来ているのだと、お話をお聞きしていてつくづく感じました。
入所待ちの人が168名もいらっしゃるのが納得できました。

中追の里は、伊野町の山中にあり、グループホームとデイサービスをしています。グループホームは2ユニット18名の入所者で、お元気な方が多いようで、山の手入れや植物の管理に一日の大半を過ごしておられ、おいしいおでんも作って販売しています。
温泉施設ですので、一般の方も宿泊OK(8000円)、温泉入浴(300円)だけの利用も可能です。猪や鶏の飼育、もうすぐニホンザルもお目見えするそうです。施設内に2ヶ所滝があり、お風呂から見えます。川の水は透き通っていて魚がたくさん見えました。(^_^)/~
古い茅葺の休憩所があるのですが、茅の手入れをしていないので、かなり痛んでいて草ぼうぼうで、雨漏りもしているとか、もうすぐ取り壊しになるそうです。おしいなあ・・・・・

この茅葺の屋根には、泉の文字が見えます。もう一つは読めなかった(-_-;)
香川では、水の文字を見かけます。(火事に会わない様にとの意味)

VFSH0043 VFSH0036

|

« 香西の解体 | トップページ | 中間検査 »

NPOなどの活動」カテゴリの記事

コメント

もう一つの漢字は「祈祷」の祷に見えますよ。

投稿: 弘 | 2007年5月15日 (火曜日) 01時26分

ええっつ
見えたんですか?

よく、こんな古いブログを見つけたもんですねえ

それにしても。祈祷の祷とは・・・
火を使う室内で、火事を出さない事は、非常に大切な守り事
だったでしょうね。

投稿: 夢子 | 2007年5月16日 (水曜日) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/9210012

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉住環境の会 :

« 香西の解体 | トップページ | 中間検査 »