« 田窪先生の椿 | トップページ | 香西の解体 »

2006年3月21日 (火曜日)

西宝町古家改装(仕事場)

kitin

台所は、タイルの流し台です。
ここは、このまま、使おうと思います。タイルの流しなんて最近は、見かけたことがありませんもの。残しましょ

壁は、度々の雨漏りで、漆喰は剥がれ掛けていますし、天井はしみだらけです。
天井は、墨汁を塗って黒くしようと思います。
壁は、浮いたところをはがし、再度漆喰を塗ろうと思います。
お金が無いので、材料を調達して、自分で施工するつもりです。いつ完成できるやら・・・・・・

 

yukaita 畳をはがして、根太を敷き、間に断熱材を入れて桧のフローリングを張る予定です。こちらは大工さんにお願いしました。

もう一室は、壁も床も杉の板張りです。

これは、15ミリの本実加工の既製品です。
杉が、坪8000円。桧が坪14000円の商品

|

« 田窪先生の椿 | トップページ | 香西の解体 »

仕事場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/9187148

この記事へのトラックバック一覧です: 西宝町古家改装(仕事場):

« 田窪先生の椿 | トップページ | 香西の解体 »