« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火曜日)

奥日光2

P1010967

戦場ヶ原の散策をしました。

湿原の周りを一周3時間ほど歩きましたが、カメラを持った一団や
リュックを背負ったハイカーとたくさんすれ違いました。

春に訪れるともっと素晴らしいんだろうなあ。何度でも行きたくなる場所です。

P1010981 P1010970

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥日光

全国大会の後、足を伸ばして奥日光へ行ってきました。

いろは坂では素晴らしい紅葉を見物しようと、大勢の人で、車の渋滞もひどかったです。でも、行った甲裴はありました。素晴らしかったですね。
奥日光は、札幌とほぼ同じ気候のようで、紅葉もすでに終わりかけていましたが、まだまだもみじは真紅の色をたたえていました。

P1010914_1 P1010897 

湯湖という湖の傍に源泉の湧き出している温泉があります。あたり一体は、硫黄の香りがしてまさに温泉地!!高原のリゾートって感じですね。

P1010891 P1010911

皆さんもぜひ、奥日光には行くべきです。
価格もリーズナブル(1泊2食おいしい豪華料理つきで14000円程度)だし、お湯も景色もとてもレベルが高いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大谷石

栃木県で有名なものに大谷石があります。

採掘場の後が資料館になっていますので、行って見ました。非常に大きな山全体が石の塊で、柱を残して切り出していたようです。石の肌は穴があり、薄い緑色の石です。火に強く加工がしやすいため、蔵などの建物やブロック代わりに塀に良く使われています。

P1010856

中でも圧巻は、大谷石で作られた教会です。とても素晴らしい雰囲気のある教会でした。

P1010777

内部には大きなパイプオルガンとガラスのオブジェのある荘厳な祭壇がありました。

P1010788

結婚式の予定表もありましたね。いいなあこんなところで結婚式なんて
もう一回してみるかな・・・・・・やっぱりやめとこう・・・(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築士会全国大会

10/20建築士会の全国大会が栃木県で行われました。

栃木県は初めて行きました。街並みに栃の木が多く、銀杏など15m以上の高さの立派な街路樹が目につきました。香川の街路樹は、中央通りの楠木が一番大きいほうで、わりと5mくらいの小さな木が多いと思います。

中でもこの大銀杏には、びっくりしました。

戦火にも焼け残ったそうで、市民が大切に守っている木です。沢山の銀杏の実が生っていましたが、落ちると匂いがきついので、P1010773 すぐにお掃除しているようでした。 P1010772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金曜日)

住まいの耐震性

建物の耐震性能は、100年に一度あるかないかの大地震と中小の地震とは分けて考えられています。中小の地震では建物自体に被害が無いように、そして大地震の際は建物に損害があっても人の生命と財産は守ると考えています。木造住宅では、ほとんどの場合、確認申請時に軸組み計算を行います。地震力や風圧力に対して、筋交いや構造合板、土壁などでの耐力壁がバランスよく配置されているかをチェックします。これにより、ある程度の地震には耐えられるようになります。しかし、法律で規制される以前の建物は、この基準を満たせていないものもあります。
 ご自分の家を見てみましょう。コンクリートの基礎にヒビが入っていないでしょうか。地盤が下がって傾いたりしてないでしょうか。

地盤の良くない地域にお住まいの方は特に気をつけましょう。南海地震は30年以内に確実に起こると言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »