« 小豆島の松とみかん | トップページ | 土塗壁の実大面内せん断試験 »

2007年1月29日 (月曜日)

地盤調査

屋島のH邸の地盤調査を実施しました。建設予定地の建物が乗る5ヶ所を測定します。

今回は、超音波探査法という方法です。
香川県内では、つい最近実施できる会社が出来たところです。
実際の調査に立会いましたが、サウディング式と違って、土壌の様子が音では判断できません。固い地盤がある位置まで音波が届く時間で判断するのでパソコンの画面に折れ線グラフで、すぐに地体力が表示されます。
しかし、音で判断して「ここは、粘土層だ」とか「00mからはレキに変わった」とか言うのはわからないようです。ちょっと面白みには欠けますが・・・・・

今回、この方法を選択したのは、地盤の保障+住宅保障+基礎保障が10年間できるということです。その為にはいろいろな付帯条件がありますが、納得できる内容であったことも選択条件になりました。結果は、報告書として1週間以内に届く予定です。

                    P1020675_3 P1020674

|

« 小豆島の松とみかん | トップページ | 土塗壁の実大面内せん断試験 »

境界松の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/13705286

この記事へのトラックバック一覧です: 地盤調査:

« 小豆島の松とみかん | トップページ | 土塗壁の実大面内せん断試験 »