« 事務所の古い床 | トップページ | 小舞掻き »

2007年7月23日 (月曜日)

上棟式

境界松のある家の上棟式が 行われました。

あいにくの雨にたたられ、全ての大垂木は組めませんでしたが、何の事故もなく
段取りの良い建て方で 無事に上棟出来ました。ほんと良かった(^。^)

おじちゃんの山から切り出した松の木もチョウナはつりの化粧をして、納まりました。
やっぱり丸太はいいですね。
角に製材された梁材もそれなりに綺麗なんですが丸太は味があります。
棟木の金輪継ぎも ばっちり決まっています。

施主が手刻みにこだわり、折置き組の組み方で、構造材はほとんど高知杉での
工事です。
クレーンでの吊り上げ・かけやでのたたき込みなど、大工さんはとても気を使います。
木を大切に扱っていることが、施主にも伝わります。

P1040020 P1040050 P1040018 P1040069

来年の春に竣工予定のこの木の家で、楽しい思い出をいっぱい作って、
子供たちの代にも大切に住み続けて欲しいと思います。

施工は、村尾工務店です。

8/12に構造見学会を行います。

|

« 事務所の古い床 | トップページ | 小舞掻き »

境界松の家」カテゴリの記事

コメント

いやあ~たいへんでしたね。こちらもシートを掛けたり除けたりとてんやわんや。それでも餅投げはきっちりやりましたよ。

投稿: 阿讃倶楽部 | 2007年7月24日 (火曜日) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/15854224

この記事へのトラックバック一覧です: 上棟式:

« 事務所の古い床 | トップページ | 小舞掻き »