« さくらんぼ | トップページ | 竿縁 »

2008年6月 5日 (木曜日)

古材

香西の現場にて、古材(床の間周り)の板を 掃除しました。

床の間周りは、古い家のまま再現することになっています。
解体時から棟梁に預かってもらっていた材料を現場に運んでいただきました。

P1080068_3

P1080063    

これは、床の間の板ですが、松脂が筋になって噴出しています。

P1080064   

右の白い部分は元の色です。

へらで丁寧にはがし、洗剤をつけてたわしで擦りました。何十年とたった汚れが
取れ、木目がはっきりしました。

しかし、細かい傷が余計に目立ち、このままでは使えないので、結局はサンダーを掛けて表面を削り取り、拭き漆をかけることになりました。

P1080066

このケヤキの1枚板も一度削り、下足箱に生まれ変わります。
ケヤキが2枚ありましたので、左右の側板と天板に使えそうです。

出来上がりが楽しみです。

|

« さくらんぼ | トップページ | 竿縁 »

古材の生きる家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/41433777

この記事へのトラックバック一覧です: 古材:

« さくらんぼ | トップページ | 竿縁 »