« コンサート | トップページ | 床 »

2008年8月17日 (日曜日)

隠岐の島と出雲大社

8月1日・2日島根県建築士会が開く木造塾に参加してきました。

いつかは、行って見たいと思っていた隠岐の島。
日本海の海は、瀬戸内とは違って藍色でした。なんだか不思議です。
今回は、勉強会が主体でしたので、あまり観光は出来ませんでしたが。
佐々木家住宅、見学させてもらいました。

屋根は石だらけです。風が強いからでしょうか。瓦の無い時代の建物?
中部は、外の猛暑にも関わらず、涼しい風が吹き抜けていました。

P1080666

次回は、島の反対側にも行って見たいと思います。
帰りのフェリーは風が強くて少し揺れましたが、疲れから爆睡していました。(^_^;)

8月3日
出雲大社は、60年に一度の屋根替えに伴い、本殿の大黒様が引越しされたのを機会に内部が公開され、雲の彩色天井画を見学してきました。

島根の飴屋さんに、予約チケットを取っていただいたので、30分ほどの待ち時間で、大社内部に入る事が出来ました。助かりました。
雲の天井絵は270年前に描かれたものとは思えないほど、鮮やかな配色が綺麗です。

扉が開け放たれる事がなく、紫外線の影響を受けないからのようです。

P1080692

次回は60年後、もう生きてはいないでしょう。
人の意思で受け継がれ、大切に守り続けていく、歴史から見れば一人の人間なんてとってもちっぽけで、取るに足らないもののように見えます。

でも、その人が今生きているから、歴史は作られる。
守られ、伝えられるのはその時代を精一杯生きた人がいるから。

今日も一日、ちょっぴりだけど がんばろう。

|

« コンサート | トップページ | 床 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/42192772

この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐の島と出雲大社:

« コンサート | トップページ | 床 »