« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月20日 (月曜日)

四国村

久しぶりに四国村を訪ねました。

P1090096

日本建築学会の四国支部がシンポジウム「四国の民家 木と土と石の伝統」を開催しているのを覘いて来ました。
パネリスト3名(大工棟梁・左官・石工、皆さん70代)のお話も興味深い物がありますが、旧久米通賢宅での実施というのがいいですね。

P1090097

数年前になりますが、同じ場所で「木と家の会」が勉強会を開催したのを思い出します。
狭い会場に70名もの参加者が3回の勉強会に熱心に参加していました。

会場には、久しぶりにお会いする方が何人もいて、皆さんお元気そうでした。wink

まだ、山は紅葉してはいませんが、吹き渡る風は涼しく、とてもいい季節を感じさせてくれます。四国村の、古い家の縁側でぼーっと山や庭をみているととても気持ちが安らぎます。catface

今回も、出口の所に、ご自由にお持ち帰り下さいと、ガラスの小物入れがひっそりと置いてありました。
以前にも、小さな湯のみくらいの大きさの陶器製品を頂き、水苔でポトスを植えつけて使わせて頂いています。 bud   感謝

P1090095_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金曜日)

シンポジウム

建築士会の10月号瓦版に

シンポジウムが掲載されていました。よく見ると、K邸のご先祖宮大工さんの仕事に関する内容でした。

File0119

久保田さんとは2005年3月からお付き合いが始まり、古家と蔵を壊して、新築されることになり、お手伝いさせて頂いています。

設計途中で古い図面が沢山あること、処分に困っていること(少しづつ風呂焚きで燃やしていること)を知り、驚いてすぐに歴史資料館に連絡したところ、見に来て頂きました。

残っていたもの(和紙に書いた図面や材料見積もりのような物・道具類など)詳しく調べたいのでということで、ほとんど全てを引き取って頂きました。
もう少し、早く気がつけば良かったのですが、灰になった物もありそうです。残念

日本で宮大工として19代も続いた家柄は、他にないそうです。日本全国を又にかけて活躍した大工が香川県にいたなんて知りませんでした。
香川の大工はすごいんですね。

シンポジウムぜひ聞きに行かねば!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

NPO法人「木と家の会」

私が属しているNPO法人「木と家の会」では、今年度国土交通省から補助金をいただけることが決定しました。

展示住宅を建設し、オープニングのイベント等も実施することになっています。
http://kitoie.ashita-sanuki.jp  詳しくはこちらのブログを見てください。

6月から準備を始め、農地転用・設計と進め、今急ピッチで土地造成・材料の調達などに、関係委員は奔走しています。

11月下旬には、上棟予定です。

P1090001

香川の桧材、高知県嶺北の杉と、徳島TSの杉を使い、小舞を掻いた土壁の
家が、林町の香川大学工学部前に建設されます。

今後4年間「木と家の会」の展示住宅として使用され、県産材のPRと供に
良質な、木の家を香川の人に知ってもらうステージとなります。

NPO法人は、なにか事業をするにも資金繰りが大変です。
会員の会費と各種補助金(建築士会などの公的な)で運営されています。
委員は、ほとんどがボランティアです。今回の展示場も資金が支給されるのは、
来年度になります。それまで自力で頑張らねばなりません。

工事を請け負っていただける工務店さん・設計事務所・申請事務所・資金の協力
をしてくれる事務所さんなど、多大な方たちの協力の下に出来上がるこの建物は、
みんなの善意の結晶だと感じています。
微力ですが私自身もこの渦中にいて、出来上がりがほんとに楽しみです。

多くの香川県の人たちに本物の木の家を知っていただきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

階段と下駄箱の板

P1090057

P1090059

桧板の階段が本日完成、現場には桧の香りが立ち込めています。

素晴らしい香りの洪水とその光に、圧倒されます。

すぐに掃除機を掛け、養生に包まれます。次にお目に掛かれるのは

最後の美装の時です。

P1090055

このケヤキの板を下駄箱の天板に使います。

施主自ら、山一木材さんで選定しました。

これに拭き漆が掛けられ、西山建具店にて下駄箱に生まれ変わります。

飛び切り上等の材料が、飛び切りの仕上げを施され、飛び切りの職人により

作りつけられます。

孫子の代まで、この家に100年住み続けることを念頭においている施主の選択です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の様子

Sp1080989_2

玄関框が取り付きました。ケヤキの1枚板です。とても綺麗です。

P1080990

外部の足場も外れ、家の外観が良くわかるようになりました。

外部、土佐漆喰を塗るのは、もう少し先になります。白壁になると

家の表情がずいぶん変わるでしょうね。

P1080982

2階の間仕切り、桜の敷居が綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »