« 9月の様子 | トップページ | NPO法人「木と家の会」 »

2008年10月13日 (月曜日)

階段と下駄箱の板

P1090057

P1090059

桧板の階段が本日完成、現場には桧の香りが立ち込めています。

素晴らしい香りの洪水とその光に、圧倒されます。

すぐに掃除機を掛け、養生に包まれます。次にお目に掛かれるのは

最後の美装の時です。

P1090055

このケヤキの板を下駄箱の天板に使います。

施主自ら、山一木材さんで選定しました。

これに拭き漆が掛けられ、西山建具店にて下駄箱に生まれ変わります。

飛び切り上等の材料が、飛び切りの仕上げを施され、飛び切りの職人により

作りつけられます。

孫子の代まで、この家に100年住み続けることを念頭においている施主の選択です。

|

« 9月の様子 | トップページ | NPO法人「木と家の会」 »

古材の生きる家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/42773764

この記事へのトラックバック一覧です: 階段と下駄箱の板:

« 9月の様子 | トップページ | NPO法人「木と家の会」 »