« 壁塗り | トップページ | 天井 »

2008年11月23日 (日曜日)

和室

和室の造作が始まりました。

縁側に床板が張られています。この床板は、以前の古家の縁側1間幅に張られていた松の板です。

この板は、多分これで3度目の家になるんじゃないかな。何十年と使われて、また削り直され、命を与えられて生かされます。

P1090253

こちらは 天井板です。

P1090254

無垢の杉板天井は、なかなか材木やさんの倉庫から出荷できずに、随分この時を待っていたかのようです。

もうすぐ、天井に張られ命を与えられ、輝きだすでしょう。

P1090248

鴨居は、下がらぬように左右からボルトで締め付けています。

P1090252

初めて見たときに、思わず大工さんにこれは何ですかアと聞いてしまいました。

形からすると、長押し。

やっぱり長押しでした。裏から鴨居にビス止めするのです。綺麗に三角に切り込まれドリルで穴を開け、ビスも整然と並び、和室のしつらえになるのを待っています。

裏から見ても、すごく綺麗です。丁寧にカンナを掛けられ、キラキラと光っています。

見えないところにも、こんなに気を使って仕事してくれる大工さんって、どれほどいるんでしょうか? こんなに丁寧な仕事を要求する現場が、今どれだけあるんでしょうか?

棟梁は、この仕事を自分の先輩棟梁から教わったと言っていました。

いいなあ、私も大工になりたかったなあ。この次生まれ変わったら、きっと大工になるぞ・・・

|

« 壁塗り | トップページ | 天井 »

古材の生きる家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/43204661

この記事へのトラックバック一覧です: 和室:

« 壁塗り | トップページ | 天井 »