« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月27日 (火曜日)

屋根

P1120069

屋根の下地、桁の入れ替え 終了

P1120068

古い梁の上に新しい桧の垂木が乗り、野地板が葺かれました。

P1120078

この屋根が新しい風景を形造ります。町並みを作るのは、この屋根の連なりなのです。
大工さんは、丁寧に野地板に墨を打ち、釘の位置を決めます。

この蔵が100年もっていたのは、その垂木のピッチの細かさにありました。

半間に4本入っています。新しい垂木も60角桧で同じピッチで施工しました。
びっくりするほど、丈夫です。きっとあと80年~100年もつんじゃないかな(^^)v

P1100131

屋根下地は、コンパネで葺く家が多いですが、湿気がこもって腐り、屋根を痛める原因はこの合板であることが多いのです。

無垢の杉板で施工すれば、湿気が多いときは、水分を吸い込み、乾燥すれば、放出します。隙間が出来たり、ぴったりくっついたり、動く材料であることが重要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ開始

府中の蔵改修が始まりました。

Sp1100141

この家が、リビングとご夫婦の寝室になります。
外観は、ほとんど変えず、内部はがらりと変わります。

P1100129

屋根は痛みが激しく、雨漏りの後が痛々しく、桁は一部取替えになります。

垂木、野地板は全てやり換えします。

P1110958

立派な中引きがあり、足元もしっかりしているので、十分に耐力があります。

壁については、土台も柱も貫も丸竹も 腐りはなく、安心しました。
少し竹と藁縄で補強し土をつけてやれば、これからも十分使えます。

P1110978

屋根から降ろされた土は、ダンプに何杯もの量です。

ずいぶん屋根が軽くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火曜日)

山で

9月、 筒上山に 行きました。

山は、秋の気配を感じさせる草花に 彩られていました。

P1110770_3

P1110764_2

P9170071_2

P1110779_2

P9170016

遠く石槌も見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »