« 木と家の会 イベント | トップページ | こちらもほぼ完成 »

2010年3月 2日 (火曜日)

完成

いよいよ完成です。

外壁は、土佐漆喰と焼杉板(焼き放し)古い街並みの続く地域に、大きさ形は元のままで美しく生まれ変わった蔵と家。
近所の方たちには、きっと好感を持って受け入れて頂けたと思っています。

1

外部からは想像の付かない内部空間。

最初は天井を張る予定でしたが、古天井を剥がすと丸太の梁が見え、これを隠したくなくて、施主にも了解頂き ナカケン中浦さんと大工(南原さん・近藤さん)と相談の上、表すことにしました。

大工さんには手間を掛けさせました。が、とてもいい空間になりました。

リビングには、山一木材さんで剥ぎ合わせ塗装までお願いした杉板を 富士木工所さんで脚を製作してもらい、堀コタツにしました。

屋根なりの天井部分は和紙貼り、壁は大壁漆喰塗り(ものすごく綺麗なので塗りだと
気付かない・・・)左官の太田さんとっても腕がいいです。

電気工事の国方さん、工夫してくれてありがとう。
5ヶ月間、沢山の職人さんを一生懸命まとめてくれた中浦さん、ご苦労様でした。あなたのお陰です。

Img_0004

床は、TSのこもれび。杉板を熱圧加工した板です。このまま座るので、肌さわりがとてもいい「こもれび」にしました。

渋い色のキッチンパネルがいい感じ、ビビットな色の冷蔵庫がぴったりです。
天井が高い開放感のあるおしゃれなリビングになりました。

いいものが出来る一つの条件は、施主・監督・職人が仲良しになって、楽しくて元気のいい現場であることです。みんながより良い方法を提案しあって、良い物を作ろうと一生懸命に仕事してくれます。

工期の遅れも気にせず、工事中のストレスをものともせず、楽しそうに付き合ってくれた施主にも感謝。

毎日、おやつの差し入れをしていただく手間と費用は掛かりますが、結果的には施主は値段以上の物を手にすることが出来たと思っています。

楽しい仕事をさせていただいて、ありがとうございました。

|

« 木と家の会 イベント | トップページ | こちらもほぼ完成 »

府中の蔵」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます!
渋い外観に、素敵な内部・・
見学会は、無いのですか?

投稿: Kimiko | 2010年3月 3日 (水曜日) 09時41分

ありがとうございます。
残念ながら、住みながらの改修ですので、
出来た所から荷物が入り、生活の場所になっていますので
見学会は出来ませんでした。

投稿: 夢子 | 2010年3月 3日 (水曜日) 12時11分

杉板は冬にはとても素足でもほかほかした
感覚がしますyacht

投稿: よっとすきー | 2010年3月 4日 (木曜日) 00時02分

圧縮した杉板の感触を確かめたかったですねえ。見学会がないのは残念。仏生山の近くだったら、帰りにちょっと外観だけでも見ることが出来るでしょうか。

投稿: | 2010年3月 4日 (木曜日) 08時44分

この前のメールに名前を書き忘れていました。
ところで良く見ると、石垣が牛蒡積みでしょうか。そちらには多い積方なんでしょうか。

投稿: 飴屋 | 2010年3月 4日 (木曜日) 12時51分

仏生山からはかなり遠いです。坂出ですので
石垣は詳しくないのでよく解りませんが、このあたりはこういう積み方が多いです。
石は、瀬戸内の島で産出している石を使っていると思います。広島、豊島あたりは昔は有名な産地だったようです。

投稿: 夢子 | 2010年3月 4日 (木曜日) 14時50分

よっとすきーさんへ

杉板は好きで良く使います。
ほんとに暖かいです。硬い木に比べると傷はつきやすいですが、素足で過ごすことの多い子供たちには、とてもいい素材だと思います。

来年度、かがわで木造塾を開校することになりました。
追って詳細はお伝えします。ご協力をお願いするやも知れません。その節はよろしくお願いします。

投稿: 夢子 | 2010年3月 4日 (木曜日) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/47704930

この記事へのトラックバック一覧です: 完成:

« 木と家の会 イベント | トップページ | こちらもほぼ完成 »