« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月21日 (水曜日)

花の時期ですね

P1130276

さくらの花には毎年、うっとりさせられます。

散り行く花びらに、ちょぴリ寂しさも感じますが・・・

P1130282

こんな椿の花を見つけました。 なんてかわいいんでしょう。

今の時期、山に行くと藪椿が咲いていて、道に花が落ちています。

まだ綺麗なのに、かわいそうとも思いますが、落ちてなお美しいままの椿の花に魅せられる人は多いと思います。

桜も椿も、あまり縁起のいい花には例えられませんが、その散り際は、日本人の心の中に深く刻まれた美の琴線に触れたような、独自の美学があるような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火曜日)

【リフォーム事例】坂出市 I邸

蔵を利用した住宅改修

2009年年末 竣工予定
情緒あふれる街並み
石垣と焼杉漆喰の蔵を利用して住宅に再生

  • 外観 外観
  • 坂出にあるこの家は、築100年近くを経た、古い町並みの中にあります。<br />外観は雰囲気を変えず町並みに合わせましたが、内部はガラッと変わりました。 坂出にあるこの家は、築100年近くを経た、古い町並みの中にあります。
    外観は雰囲気を変えず町並みに合わせましたが、内部はガラッと変わりました。
  • 天井板を外し、梁を現す事でダイナミックな広さを感じます。 天井板を外し、梁を現す事でダイナミックな広さを感じます。
  • 天井板を外し、梁を現す事でダイナミックな広さを感じます。 天井板を外し、梁を現す事でダイナミックな広さを感じます。
  • 施主自身が材木屋で選んだ杉板製作の堀コタツが、暖かないい雰囲気です。 施主自身が材木屋で選んだ杉板製作の堀コタツが、暖かないい雰囲気です。
  • 寝室壁のタイルも陰影がとても良く、おちついた空間になりました。 寝室壁のタイルも陰影がとても良く、おちついた空間になりました。
  • 寝室壁のタイルも陰影がとても良く、おちついた空間になりました。 寝室壁のタイルも陰影がとても良く、おちついた空間になりました。
  • 蔵の入り口だった格子戸にワーロン紙を貼り、建具として使いました。 蔵の入り口だった格子戸にワーロン紙を貼り、建具として使いました。
  • 部屋 部屋
  • 柱が良い雰囲気を出しています 柱が良い雰囲気を出しています
  • 落ち着いた雰囲気がします 落ち着いた雰囲気がします
  • 蔵2階は物置として、壁を施主自身が塗りなおし、棚をつけて使いやすくしました。 蔵2階は物置として、壁を施主自身が塗りなおし、棚をつけて使いやすくしました。
  • /
Image of
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土曜日)

素人左官の道具

使ったのは、もちろん左官道具 コテ・土乗せ台だけど

それ以外にも、こんなものが役立ちます。

P1130333 P1130332_2

ゴム薄手袋・マスカ(マスキングテープに薄いビニールがついてるもの)

養生テープ・マスキングテープ・ものさし(細い壁に塗る用)

ビニール袋(生クリーム絞りだしのように使う)

P1130334 P1130335

工具も必要。ついでに、釘も抜いておくとか、一部は板でふさぐなど

右は、左官さんからお借りした、勺と練り混ぜ用機械

P1130336 P1130338

脚立。この右側の脚立はすごくいい。
一番上の足載せが平らで、安定するし、滑り止めのゴムが貼ってある。
それから、古ゴザ、ブルーシート

P1130342 P1130343

今回、綿壁の上に下地材を塗りました。厚めに付ける用と薄め用を混ぜて使うといいと教えて貰ったので、5kg一袋づつ等量を5.5Lの水で練り混ぜて使いました。

上塗りは、タナクリーム

P1130341 P1130345 P1130344

土を乗せる薄ベニヤ板の板から、アクが出て茶色になるので、養生テープを貼って使いました。

P1130346 材料を混ぜたり、コテを洗ったりするのに

プラスチックの容器が活躍します。土だらけの道具を洗う、外部流しもいるなあ。

父が左官をしていた昭和30年代にはプラスチックはまだ無くて、杉桶や木の船(土を混ぜる箱)を使っていました。実家の納屋には壊れかけた桶やケンド(篩いフルイ)が沢山あります。もう誰も必要が無くなって、捨てられるだけになってしまいました。

いずれ、納屋を壊す時に処分することになるのですが、今はまだ捨てられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金曜日)

壁塗り-2

今日は、上塗り

P1130323

事務所がめっちゃ明るくなりました。

こっちの面はほぼ仕事できる状態に、復帰しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁塗り

事務所の壁を塗り替えることにした。

P1130305 まずは、かたずけから・・・・・

プリンターにカバーをして、PCははずし、脚立が運び込まれます。

P1130310 壁の周りをしっかり養生して、

床もブルーシート敷き、すっかり工事現場の様子になりました。

P1130320

素人3人で、わいわい言いながら、下地材を 一日でほぼ塗り終えました。明日は、玄関周りの壁に移ります。下地が乾燥したら、上塗りタナクリームを塗ります。壁が真っ白になって事務所が明るくなるのももうすぐです

既存の壁は、昔の綿壁、触ると柔らかく、いずれふわふわと剥がれて落ちるタイプのものでした。わりとしっかりしているから、剥がさずに上から塗れるだろうという左官さん判断のもと、無謀にも素人女性3人で、壁塗りに挑戦しようということに (^_^;)
   めっちゃ楽しい\(^o^)/

ほんと、手伝ってくれるスタッフに感謝です。材料を混ぜる道具を貸してくださった左官さんありがとう。

club 材料費出してくれて、ヘタッピーでもいいから塗り替えて欲しいという人がいたら、塗り壁セルフビルド隊で、ボランティア活動したいなあ。だれかいません?そんな施主

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月曜日)

リフォーム

この所、家を直したいという依頼が多いです。

私と同年代の方、そろそろ仕事のリタイアと同時に何かを始める為に、とか
お風呂場から白蟻が飛び出したからついでに他も直してとか。

その場合、どこまでを直すのか、費用はいくらくらい見込んでいるのかをお聞きしながら
今後の住まい方は、どう変わっていくのかを考慮して、最低限必要な所を優先します。

P1130198_2 P1130199

こちらの施主奥様は、数年後、自宅でパン教室を開きたいとのご希望で
母屋の一部を使い、少し増築してキッチンと来客用のリビングを計画中です。

私も、友達を呼んでわいわいやるのは好きな方なので、気持ちすごく解ります。

家族がくつろぐリビングダイニングと、来客用のおしゃれな第2リビングは、分けておきたいですよね。そしたら、リビングが片付いてなくても気兼ねなく、友達とお茶できますものね。

はっきりと明確な目標があって、用途に応じて増築するのはいいのですが、
古い母屋をそのままで良いのか、同時に耐震診断が必要か?
必要ないと言われても、基礎の割れをそのままにしておいて良いものか、無筋コンクリートなのか鉄筋入りなのか年代が不明で、図面もないとなると判断に苦しむこともあります。
なかなか、悩ましい。

幸いこちらは平屋の建物なので、荷重が軽いため偏心と壁量が足りていれば、そう心配は無いと思います。

実際には、工事に掛かってから補強可能な部分は補強をしながら進める事が多いですね。思わぬ所がシロアリや、腐りで強度不足になっている場合もよくありますから。
見て見ぬふりをせず、はっきりと確認の後、出来る限りの対処をしてやると後が安心です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木曜日)

事務所の前庭

春が来ました。

事務所の前庭は、花盛りです。嬉しい(*^_^*)

P1130235 P1130238 P1130239 P1130240

ブルーべリーの花もうすぐ咲きそうです。一鉢枯れてしまったので実がなるかどうか心配ですが。

前庭は母が手入れしている畑もあります。
そこにも花がいっぱいです。

P1130243 P1130245 P1130246 P1130249

ボタン ・はなもも ・ボケ ・フリージア

P1130251

庭から見える風景も、峰山の桜や街路樹の桜でピンク色に染まっています。

P1130232

事務所のランチュウやヒメダカも寒い冬を無事に越して、少し元気になってきました。

P1130229 P1130228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木曜日)

【新築事例】津田町の家

津田町に建つ家族6人の家

2010年竣工 

  • 外壁は焼き杉板、野地板は杉 どっしりとした風格の和風住宅になりました。 外壁は焼き杉板、野地板は杉 どっしりとした風格の和風住宅になりました。
  • リビングは、和室9畳、ダイニングから2階への階段が続いています。<br />階段下はパソコン置き場、4人の子供たちの宿題場所にもなることでしょう。 リビングは、和室9畳、ダイニングから2階への階段が続いています。
    階段下はパソコン置き場、4人の子供たちの宿題場所にもなることでしょう。
  • 洗面所は、杉板壁。湿度の吸放出性能が素晴らしく、窓を開けておけばカビ知らずです。 洗面所は、杉板壁。湿度の吸放出性能が素晴らしく、窓を開けておけばカビ知らずです。
  • トイレはタイル貼り、水を流しても平気。4人の男の子が元気に使えます。 トイレはタイル貼り、水を流しても平気。4人の男の子が元気に使えます。
  • 玄関は、床:玉砂利洗い出し。壁は漆喰塗りです。しっとりとした和風のたたずまいにほっとします。 玄関は、床:玉砂利洗い出し。壁は漆喰塗りです。しっとりとした和風のたたずまいにほっとします。
  • 2階の漆喰壁は、奥さんとご主人が頑張って塗りました。 2階の漆喰壁は、奥さんとご主人が頑張って塗りました。
  • 子供たちの手形もバッチリ(^^)v 津田の海で拾った貝殻も誇らしげに埋め込まれています。<br />階段の上り下りが楽しくなりますね。 子供たちの手形もバッチリ(^^)v 津田の海で拾った貝殻も誇らしげに埋め込まれています。
    階段の上り下りが楽しくなりますね。
Image of
 
施工後

施主自身が直営となり、それぞれの工事業者さんと契約し、工事を進めました。
大変だったことと思いますが、毎日のように現場に来ては掃除をしていた奥様、ご主人も毎日の出来上がりをしっかりと見届けてくれました。大工さんには、工期ぎりぎりで残業していただき、ぎりぎりまで頑張っていただきました。丁寧ないい仕事をしてくれ、素晴らしい建物が出来たことを非常に喜ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »