« 壁塗り-2 | トップページ | 【リフォーム事例】坂出市 I邸 »

2010年4月17日 (土曜日)

素人左官の道具

使ったのは、もちろん左官道具 コテ・土乗せ台だけど

それ以外にも、こんなものが役立ちます。

P1130333 P1130332_2

ゴム薄手袋・マスカ(マスキングテープに薄いビニールがついてるもの)

養生テープ・マスキングテープ・ものさし(細い壁に塗る用)

ビニール袋(生クリーム絞りだしのように使う)

P1130334 P1130335

工具も必要。ついでに、釘も抜いておくとか、一部は板でふさぐなど

右は、左官さんからお借りした、勺と練り混ぜ用機械

P1130336 P1130338

脚立。この右側の脚立はすごくいい。
一番上の足載せが平らで、安定するし、滑り止めのゴムが貼ってある。
それから、古ゴザ、ブルーシート

P1130342 P1130343

今回、綿壁の上に下地材を塗りました。厚めに付ける用と薄め用を混ぜて使うといいと教えて貰ったので、5kg一袋づつ等量を5.5Lの水で練り混ぜて使いました。

上塗りは、タナクリーム

P1130341 P1130345 P1130344

土を乗せる薄ベニヤ板の板から、アクが出て茶色になるので、養生テープを貼って使いました。

P1130346 材料を混ぜたり、コテを洗ったりするのに

プラスチックの容器が活躍します。土だらけの道具を洗う、外部流しもいるなあ。

父が左官をしていた昭和30年代にはプラスチックはまだ無くて、杉桶や木の船(土を混ぜる箱)を使っていました。実家の納屋には壊れかけた桶やケンド(篩いフルイ)が沢山あります。もう誰も必要が無くなって、捨てられるだけになってしまいました。

いずれ、納屋を壊す時に処分することになるのですが、今はまだ捨てられません。

|

« 壁塗り-2 | トップページ | 【リフォーム事例】坂出市 I邸 »

仕事場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/48108022

この記事へのトラックバック一覧です: 素人左官の道具:

« 壁塗り-2 | トップページ | 【リフォーム事例】坂出市 I邸 »