« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月 1日 (月曜日)

外壁

リフォーム工事の外部がほぼ出来上がってきつつあります。

Mae1 昭和51年に建った築35年の家

P1140438

焼き杉で、化粧直しです。

錆びてきた金属板を取り払い、全ての柱頭柱脚に金物補強し、透湿防水シートを張りました。アルミサッシは、2重ガラスサッシでエコポイントが付きます。

天井・床下には断熱材を入れ、湿気の多い床下には防湿コンクリートを施工しました。樋の全面架け替え、設備の繋ぎ込み・・・あともう少しで竣工です。

安心で、快適な家になったと思います。

家は、定期的なメンテナンスで、耐用年数が格段に違います。水周りは20年、外部は30年を目処にします。子供たちも、古い家を見直して大切に住み継いでくれると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国のあかり展

屋島の四国村で開かれている、四国のあかり展に行ってきました。

高知 http://s-sion.net/  さんの出品されている和紙のあかりがとても好きになりました。

Ssion20100311t20_24_413

左から、かぼちゃ・ちんげん菜・れんこん・キャベツ・白菜・ピーマン・・・楽しい(*^_^*)

出品作は、写真を撮って無かったのですが、紙音さんのHPから紹介させてもらいます。

Ssion20100311t20_24_412_3 

0816 針金に色和紙を張り製作するそうです。

そのバランスの良さと色彩感覚が、心に響きました。

和紙も私の好きな素材です。建築にも、壁紙や障子、襖など沢山の紙を使います。

明かりの透けて見える和紙、調湿効果のある紙、ある時は断熱効果も発揮してくれます。

高知の和紙は、こうぞや三股などの木の皮から取った繊維で紙を漉きます。和紙はその繊維が長く、とても丈夫なので紙幣にも使われるほどです。

あったかくて、柔らかでほっとさせてくれるそんな素材です。今も、事務所の窓には、障子を透かした木の葉の姿が風に揺れて見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいなあ

P1140498_3

佐賀の古民家喫茶店の庭

P1140501

奥のお部屋も、見せても良いようにしつらえてあります。

伝統的建造物保存地区にあって、町並みと調和させつつ現在の暮らしに合わせて改造し快適でありながら、風情を感じさせる。

こんなステキな使われ方をすると、建物が生きて来ます。

P1140490_2

こちらは、別のお店ですが、陶器の販売をされています。

ガラスが、摺りと透明が市松模様に配置され、見えるけど素通しでないおしゃれな空間を見せています。中庭の玉砂利もかわいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建具と塀

P1140512

佐賀で見つけた建具の引手  書院の天袋の小さなもの。なんの形だろう茶釜かなあ 

P1140466

こちらの戸は、明治から大正にかけて作られた建物の庭にありました。

しゃれっ気があり、楽しくなります。 ちょっとなら覗いてもいいよって(*^_^*)

P1140475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀:吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里遺跡を見学

P1140452

P1140453

そのスケールの大きさにびっくりしました。遺跡を見て歩くだけで2時間は掛かります。施設内移動は、園内バスがお勧めです。

(この建物だけで2億円とは・・・・またびっくり)

よくこれだけの遺跡が、壊されれずに残ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »