« だんだんと | トップページ | こんなに寒いのに »

2011年1月13日 (木曜日)

日記

仕事だけじゃなく日々の事をブログに書くのもいいのかなあと感じ・・・

昨日は、ねこばあちゃん(事務所の裏に住んでいる96歳の私の叔母です)の病院通いの運転手兼付き添いでした。

昨年11月5日に、ベッドから落ちて、第2腰椎の圧迫骨折をして入院していました。2ヶ月の入院生活を経て1/4に退院しました。ばあちゃんは猫を2匹飼っているので、入院中毎日猫にキャットフードをやるのは、私の仕事でした。用心深くて懐かない猫です。

ねこばあちゃんは、まったく頭もぼけてなくて、自立して一人暮らしをしているのですが、2年ほど前に大腿骨骨折・手術・3ヶ月入院後は、給食サービスを週に3回お願いしています。年を取ると、何もかも面倒になるんでしょうかねえ。好き嫌いも多く、食べる物が偏ってくるので、退院後自立するためにも、必要だと判断しました。

事務所の南隣は、私の母78歳が一人暮らし、北隣はねこばあちゃんの住まいです。病気通いや大きな荷物運びは車に乗れる私の担当です。 
昨日は、入院していた病院に診察とお薬とをもらいに行きました。10時過ぎに行ったのですが診察終わってお薬をもらうと12時半を過ぎていました。あとは日にち薬で、徐々に痛みも取れて又、動けるようになると思います。
本人は、入院中には結構動けるようになっていたのに、退院したら思うようにいかないことが歯がゆいようです。寒いせいもあり、2ヶ月の入院生活で、筋肉が落ちたこともあるでしょう。
以前に骨折した時、住宅改修でトイレや手摺の設置に介護保険を利用しました。介護認定は要介護2でした。デイサービスとか利用も出来るのですが、何の支援も要らないと断り、介護タクシーのチケットを頂いたのですが、使わずじまいで期限が切れました。認定期間は半年ほどで切れるのですが、その後更新もせず介護保険を払う側のままです。申請しても使わないのであれば、意味がないし・・・

耳が遠いので、人が話しているのがほとんど聞こえないのです。補聴器をしていても耳元で大きな声でしゃべらないと通じません。入院中は筆談でした。

病院から出て、買い物をした後、補聴器センターに寄って、掃除と調整してもらいました。ボタン電池がなくなって、入院中に一度買いに行ったとき、聞こえにくい事を伝えて、掃除して音の強さも調整してみましょうという事だったので、出かけついでに行きました。

補聴器を作ったのは7年前。もう壊れたら対応できないと言われました。
新しいのを買うとしたら、40万円も掛かるのです。(>_<)びっくりです。高いのは100万円近くするのもあるようです。
最近の補聴器は、テレビのスピーカーや電話の受話器などと連動していて、直接音が補聴器から聞こえるように成っているそうです。

年間100万円程度の年金で、慎ましい暮らしをしているばあちゃんに、40万円もする補聴器を買い換えろとは、私は言い出せません。

少しずつ回復し、自力で1キロ先のコープやマルナカに買い物に行けるようになる事が今の目標です。3月には97歳になります。いつまで元気で動けるか、そっと自力生活を見守っていこうと思っています。

|

« だんだんと | トップページ | こんなに寒いのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108659/50574478

この記事へのトラックバック一覧です: 日記:

« だんだんと | トップページ | こんなに寒いのに »