« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月22日 (金曜日)

天井の仕上げ

天井の考え方

私が設計させて頂くお家は、基本的に人が眠る部屋は木(杉が多い)の天井にしています。上を向いて眠る時に見える木目の心理的効果は、人の心を落ち着かせ、その微妙な色あいの変化は子供の色彩感覚を育てる意味でも大きく影響を与えると言われているからです。

P1150449  P1150440

木の持つ欠点としては、経年変化により白木があめ色となり、徐々に部屋全体がうす暗くなって来ることでしょうか。又、床・壁・天井全てが木だとロフトなどの楽しい空間にはとてもいいのですが、山小屋=粗末な部屋のように感じる人もいます。

天井が木の見える仕上げなら、壁は漆喰の白のような明るい色にして照明の反射により明るくなるように計画します。

P1110338 Img_5138 

逆に、作業スペース空間は明るくしたいので、天井は照明の反射が部屋全体に行くように白い色にします。つや消しのペンキ仕上げや、和紙クロスなどを使うことが多いです。

P1150442 P1150444

リビングは、空間に変化を付けたいので梁を見せてインパクトのある天井とすることが多いです。

Dkyoko P1120988

なるべく天井面には照明を直接付けず、壁やペンダントの照明から天井部分に梁の陰影が写るように計画します。
ペンダントだけを点灯する時と、壁の照明だけを使う時の部屋の雰囲気ががらりと変わります。特にリフォームの場合は、元の部屋を知っている施主にとっては、天井が高くなり梁が見えることで、別の居空間に来たようだと好評です。

天井が高くなることで、エアコンが効かないのではないですかと質問を受けることが多いですが、心配ご無用。天井や壁、床の下地にしっかり断熱材を入れますから快適空間は実証済みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金曜日)

プレゼンはこれ

仕事を頼まれたとき、新築であれば

ほとんどの場合、模型を作ってイメージを見てもらいます。

敷地の広さや前面道路から、駐車場の位置、玄関の位置、敷地の周りのスペースを確保して建物の大きさ屋根の形など

図面ではなかなか解り図らいところが、模型ではすぐに理解できます。

P1150625 P1150626 P1150631 P1150628 P1150627 P1150630

なにより、私が工作好きなのもありますが (^_-)-☆

南からの日当たりや風の通り、隣との位置関係を確認するのも大切な作業です。

ほら、楽しいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月曜日)

ミニドライブ

母が、豊稔池のダムを見たいと言うので 大野原に出かけました。

P1150617

このダムは、全国でただ一つの石積みマルチプルアーチダムで、着工大正15年、竣工は昭和5年である。内部はサイホンになっていて、その技術はいつ見てもすごいなあと思います。

P1150620

これは、四国88箇所の六十六番  巨鼇山千手院 雲辺寺

徳島と香川の県境標高927mの雲辺寺山の山頂にあります。

平野とは、5度以上の気温差があり、ひんやりとしたその空気の中、歩道沿いに五百羅漢像が凛と立って居ます。

杉木立の中に咲く青いアジサイとヒグラシの鳴く声で、居空間を感じます。

Photo

最後は、萩原寺 四国88箇所別院のお寺ですが、境内はとても広く萩の花がたくさん咲くことで有名です。

とても格式の高いお寺ですが、茅葺の大屋根がその格式を感じさせず、柔らかな印象を与えます。創建年代 は奈良時代と言われています。

萩原寺 (ハギワラジ)では9月中旬頃萩祭りが開催され、たくさんの人で賑わいます。

きょうは、まだまだ蕾が小さく葉っぱのみの鑑賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山登り

久しぶりに山に登りました。

剣山です。1955m(リフトが出来たので、頂上までは1時間くらいで登れます。

Map_003

そこから左の一の森まで歩き、キレンゲショウマの群生地にも寄りましたが、残念ながらつぼみで、あと2週間後くらいが満開だと思います。

Dscn0893_0073dscn0893

澄み渡った空気が遠くの山並みまで見せてくれます。

左は三嶺、右は塔の丸、遠くは高知市、讃岐山脈、木頭村、木屋平までよく見えました。

山頂は晴れているけど涼しくて、快適です。山の中を6時間くらい歩いたかな。帰りは温泉で汗を流し、ほんと一日いい日だった。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »