« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月20日 (木曜日)

料理教室

今日は、多肥女性教室

年末恒例のおもてなし料理

めっちゃ手間の掛かる料理ばかり6品を2時間ほどで仕上げ、みんなで試食

さすが、熟練の主婦ぞろい!!手早いこと(@_@;)

Omotenasi


黒豆寿司、ふんわり錦卵、焼きホタテのりんご酢和え

豆腐の肉巻照り焼き、蕎麦がき汁、かぼちゃ饅頭

材料費500円で、料亭で出されるほどの手の込んだおいしいものが頂ける。

感謝です。

家でも作れるようにレシピを頂くんですが・・・・昨年は何も再現できなかった。

今年は、一つでも自宅で実現させたい。

頑張るぞ  (^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月曜日)

季節外れ?

近くの里山に登ったら

野いちごが、鈴生りでした。6月に実るのが普通だと思うのですが。

Noitigo

斜面一杯に茂り、沢山生っています。 美味しかった(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月曜日)

今年取り組んでいること

P1170867


今年、10月から2月まで香川大学公開講座にて

防災士になるべく勉強しています。

昨年の東日本大震災、石巻・女川の視察は私にとって非常に衝撃的な事実として深く心に刻まれました。

建築士として仕事をする傍ら、もっと地域の人に寄り添う活動が出来ないものかと思っています。

まだ、始まったばかりなので宿題やらリポート提出に時間を割いている程度ですが、いつかお役に立ちたいと思っています。

炊き出しで、豚汁やおにぎりを作るならいつでも出来ます。(^_^)/~

ちょっとした、棚くらいなら作れます。(*^。^*)  お掃除も出来ます。(*^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NPOのセミナー開催

「NPO里山の風景をつくる会かがわ」の活動として

毎月勉強会を開催することになりました。

一般の方対象なので、解りやすく楽しく、体験できるものがいいと言うことで
第1回目・2回目開催決定。

Img034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木造塾セミナー

かがわ木造塾の4回目の講義 11月3日

オークビレッジの社長・稲本正先生の講演でした。

素晴らしい内容でした。

先生は29歳までは、原子物理学原子力が専門の研究者として仕事をされていて、今は森や木をメインに据えて仕事・講演など幅広く活躍されています。

P1170866

木の持つ不思議、人間という生き物にとってどんなに大切で、断固守るべき自然や森であるか、改めて感じることができました。

人は、摂氏6000度にもなるウランを扱うべきでは無い。その意見にとても賛同します。
森の木を適切に管理し、燃料や建材家具として人が利用することが、今の日本にもっとも必要なことであるという、先生の意見。
感銘を受けました。

動物は植物なしでは生きて行けない。

私も菜園なしでは生きて行けない・・・・(*^^)v ちょっと違う・・・かな(^_^)/~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統建築

高知で伝統建築の講演会があり聞いてきました。

伝統的構法の設計手法作成及び性能検証実験検討委員会が実施したセミナーで、日本全国6カ所キャラバンツアーの高知県・竹林寺での実施でした。

2


五台山竹林寺は四国霊場第31番札所。本堂は1644年建築、国の重要文化財です。セミナーは江戸時代初めに建てられた客殿にて開催されました。セミナーに先立ち(開始時間連絡手違いにより早く着いた人に)、名古屋工業大学教授の麓和善先生が、その部屋の壁・修復間違い部分の指摘や柱鴨居の面落ちの納まり、襖建込の時代による考え方など、面白いお話をお聞きできました。
ラッキー(*^。^*)

時代により考え方が変わり、それに伴い仕様も変更して行った建築の歴史は面白いですね。何気なく見ている物が説明して頂くと、目からうろこ(@_@)
最近、歴女が多いのも解ります。1

講義は伝統的工法の設計法・事例調査・知恵と工夫・現状とこれから。
限界体力や時刻歴応答の計算なしで、石場建ての住宅が建てられるようになる。そうなる日を願ってやまない、ほんとに真面目で伝統建築が大好きな建築関係者が100人近く講義を聞きに来られていました。

3_3 4


検討委員会が実大実験までして報告・提案を作って国土交通省に基準法の中に位置づけを提案しているのに、建築学会が2013年伝統的木構造に関する解説テキストを発行するらしく、ダブルスタンダードになるかもって

東大と京大の派閥争いが、伝統的建築の研究分野でも起こっているような・・・・・地震に粘り強く耐えて今に残っている日本の建築文化を現代の住宅に生かせる方法は、まだまだ遠い気がしました・・・

栗林公園の菊月亭や玉藻公園飛雲閣のような開放的な建築は、今の建築基準法では建てられない。

残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水曜日)

出石町

兵庫県出石町に行って来ました。街並みを保存し、観光地として再生させている町です。ここは2度目です。

にぎわっている通りでは、おかげ横丁を思い出しました。

街並み散策の時にボランティアガイドさんを頼んでくれていたので、2時間たっぷり楽しめました。
食べ物も出石そばや黒豆ソフトなど名物があり、美味しかった(*^。^*)

お見あげ売り場も沢山あり、観光地だなあと思います。

121202_132402


この太鼓を叩いて時間を知らせる、鼓楼から始まったんですね。

香川には、素敵なところがあるのに観光地として生かされていないところがありますね。屋島とか仏生山とか

いろいろな障害があって、観光地として生かされないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »